記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【純ファーニマル】構築① デッキコンセプトと「ファーニマル」モンスター

最近公認に出られなくて対人できていません。レシピも前回の日記のものとあんまり変わっていません。

今はいわゆる【純ファーニマル】を使っていますが、《ブリリアント・フュージョン》、HERO、シャドール、魔轟神等を混合する型もそれぞれ強みがあっていいと思います。これらのサポートを用いない純型は、ウィングやドッグへのアクセスが遅れるため、デッキを回しアドバンテージを取る早さは劣っていると思います。

純型を使う理由、というか今使っている【純ファーニマル】のコンセプトは
①ウィング効果の成立後に不要なカード(デストーイの融合召喚に関わらないカード)を過剰に引かない
②デッキの回転やキルに必要なパーツを最小限に抑え、相手の妨害(ダークロウ、プトレマイオス、ヴェーラーetc.)に対抗するカードや罠を積む。先攻を取らされた時・取らざるを得ない時に罠でフォローする

といったところです。




以下は今回採用した・しなかったモンスターについてのコメントです。あんまり深いことは書いてないです。


《ファーニマル・ドッグ》
言わずもがなデッキの核です。
ウイング、ベア、トイポのいずれもハンドに無く、融合ワンキルもできそうにない(それって【ファーニマル】としてどうなの?とは思いますが)場合、ターンに余裕があれば、前述の3種類(+《おろかな埋葬》etc.》)のいずれかかドッグ2枚目を素引きするまで召喚しないことがあります。
5枚は積みたいです


《ファーニマル・オウル》
②の効果でショックルーラーや魔封じ、《手違い》《ライオウ》による《融合》サーチ封じをすり抜け、ダークロウにハンデスされずに融合できるイケメン。3積み。《融合》のサーチ手段が多い構築なら減らしても良いと思います。

①の効果の使い時ですが、キャットの効果がいつでも使えないと困るので1枚目の《融合》はサーチします。《手違い》の気配があって直撃を避けたい場合は諦めて②を使います。《手違い》を誘う囮として①を使うこともあります(ほぼアーティファクト相手のメイン戦に限りますが)。それをなんとかシザータイガーで割り、ドッグかウィングを通せると楽しいです。《融合》の最後の一枚は《沼地の魔神王》のサーチ先として残しておきたいです。

オウルの効果にヴェーラーやブレスルを貰ったら負ける場面では召喚成功時ちょっと考えてから優先権放棄、余裕そうな感じで②の使用を宣言です。こちらの手札枚数が多いほど、②はスルーされやすい気がします。
逆に、《融合》(もちろん非公開の)や《沼地の魔神王》を持っていて、ヴェーラー等を消費させたければ渋い顔で①です。相手によってはこの考え方が通用せず読みあいになるので、何とか相手の考え方を見極めてから使いたいです。
オウル召喚成功時に優先権放棄して《激流葬》《強制脱出装置》を使われて詰まないように①……でも逆に使わせたい場合は……って、そろそろキリが無いので止めます。

②の効果はライフも消費するので、【ファーニマル】を扱う上で地味に難しく、頭を使います。

《デストーイ・ファクトリー》を採用する場合は①連打でいいと思います。


《ファーニマル・ベア》
ウィングの登場により重要度が急上昇しました。それ以前のトイポはシザータイガーや《パラレル・ツイスター》で割るのがほとんどでした。
このカードと初手に来たトイポから動ける事があるので3枚投入。手札からトイポを場に置くのはかなり勿体無いので一緒に熊が見えると安心します。《魔玩具融合》やウィング用に効率よく墓地を肥やせるのも◎。
②の《融合》回収効果はオウルの②の効果で大抵賄えますが、覚えておいて損はないです。
ウィングで除外されることが多いモンスターですが、《魔玩具融合》でシザーベアーを融合召喚するために温存するのもアリです。多分。


《ファーニマル・ウィング》
DOCSで登場した麻薬。出来れば融合素材として使用し墓地へ送りたいです。後半腐っても素材にすればいいのでノータイムで3積みです。羽根とハサミで何故かトラやオオカミが出ます
カードwikiにもありますが《魔玩具融合》とは相性が悪く、2ドロー1サーチの誘惑に負けて勝ち確を逃さないように僕も気をつけています。


《ファーニマル・キャット》・《ファーニマル・ラビット》
融合素材になった時に効果を発動する2種のファーニマルですが、前者を採用しました。ウィングや《魔玩具融合》とケンカせず確実に発動でき、サーベルタイガーを始めとした融合召喚の連打に繋げやすいためです。
シザータイガーの効果にチェーンして発動することで、《蟲惑の落とし穴》《トリシューラの影霊衣》《スターライト・ロード》等の発動無効系のカウンターを躱し、《マジェスペクター・テンペスト》《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》《PSYフレームギア・γ》等に対しても回収効果を止められるだけで済むので、少なくともどちらか1枚の採用は必然です。
【竜星】等に対しては逆の順でチェーンを組むこともあります。【マジェスペクター】【竜星】相手にサイドデッキからラビットを追加していた時もありました。


《ファーニマル・シープ》
素材確保とドッグやオウルの再利用を一度にこなす優秀なモンスターです。エッジインプの採用枚数が少ないからか、中々効果を使えなかったこと、使うとオーバーキル気味になることが気になり、デッキコンセプトに合わないかな?と思い今回は抜いてみました。入ったり抜けたりしています。
よく忘れるのですが手札からもエッジインプを特殊召喚できます。またメイン戦で相手が腐らせている《昇天の剛角笛》に引っかかります。


《ファーニマル・ライオ》
《ブリリアント・フュージョン》採用型ではウィングをサーチする手間が省けるので、ドッグでこのカードをサーチし易く追加召喚権を使ってランク4エクシーズを組めます。


《ファーニマル・マウス》
融合素材+2の効果が弱い訳は無いのですが手札にダブる事故が怖いです。事故のリスクを負ってマウスで2アドをとるより、ドッグかオウルでデッキを回せる1アドをとるほうが僕は好きです。ただ、ライオの項で述べたのと同様に追加召喚を利用したり、マウス融合に特化する型もアリだと思います。《ワン・フォー・ワン》《ワンチャン!?》《神の居城―ヴァルハラ》とか。



他のモンスターや魔法・罠・EX・サイドデッキについても時間があったら書いておきたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。