記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【純ファーニマル】構築③ 「デストーイ」モンスター

前回の続きです。

《デストーイ・シザー・タイガー》
効果を2回使う頃には試合が終わっている、と考え最近まで2枚でしたが、2枚目のシザータイガーのプレイが慎重になってしまい支障が出たのでこれからは3積みです。《皆既日蝕の書》《月の書》《激流葬》やキャットを絡めて何が何でも通します。稀に自分のトイポットを割ってもらいます。


《デストーイ・シザー・ウルフ》
オーバーキル気味に素材を使って、ジャグラー、ジュラゲド、サウザンドブレードらの上からライフを食い尽くします。
1枚で十分と思ってましたがヴェーラーを躱せないので2枚欲しいです。


《デストーイ・チェーン・シープ》
【PSYフレーム】【グレイドル】【竜星】をタコ殴りにします。【シャドール】【影霊衣】相手にもそこそこ強いです。サーベルタイガーや《皆既日蝕の書》、自爆によって「エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター」ではないチェーンシープを用意して戦います。
バウンスで処理されることが多いのか、3枚目が欲しくなったことは無いです。

ちょっと長いですがルール的な事を1つだけ。「ダメージステップ終了時」が終了してから次に自分のモンスターが攻撃宣言をするまで、相手に優先権は移りません。
例えばウルフの攻撃の次にチェーンシープで攻撃する場合、相手はウルフの攻撃宣言時・バトルステップでのみ《強制脱出装置》によってチェーンシープを除去できます。
別の例では《セイクリッド・プレアデス》にチェーンシープが自爆からの逆襲を目論む場面では、相手はチェーンシープの「1回目」の攻撃宣言より前に《セイクリッド・プレアデス》の効果を使わなければチェーンシープを除去できない、ということです。

対人では説明も面倒なので、大体通しちゃいます。この辺のルールは《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》の採用率からしてKONAMIカードデータベースのQ&Aに載っていて当然だと思いますが……


《デストーイ・サーベル・タイガー》
こいつのお陰でワンキル力とキャットの価値が相当上がりました。ドッグ、シザータイガー、サーベルタイガーで8600を削るのはいつものパターンです。今は2枚で足りてますが、《融合回収》等を採用しつつ3枚も全然アリです。

耐性付与も強力で、特に対【海皇】で重宝します。《鳥銃士カステル》が無ければ【EMEm】にも突破されにくいです。多分


《デストーイ・ホイールソウ・ライオ》
時々使います。唯一のメイン2ダメージ源で、ショックルーラーのモンスター宣言を超える選択肢になります。【PSYフレーム】相手に構えるのも強そうなので今度試します。
サーベルタイガーで釣り上げられないので注意。


《デストーイ・シザー・ベアー》
シザーと魔神王しか引かない事故を起こしても出せるので次回からヤケクソで採用。

装備効果で《Em ダメージ・ジャグラー》《星因士 デネブ》を吸うと気持ちよくなれます。


《デストーイ・マッド・キマイラ》
効果は悪くないのですが素材が重すぎです。《轟雷帝ザボルグ》の台頭でワンチャンあるかと一瞬思いました。


これからも新しい「デストーイ」はどんどん増えるはずです。アニメ・漫画ARC-Vでの素良の活躍を大いに期待します。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。